借家・老朽化アパート・再建築不可


底地のご相談ならアライヴ・コンサルティングにお任せください!

再建築不可

再建築不可とは、更地なのに建物を新築することができない、既に建物が建築されている状態なのに新たに建て替えができない等のことを言います。主に接道義務に違反している事などの理由で建物の再建築が認められない物件を指して使う言葉です。

接道義務とは建築基準法第43条の規定により、建築物の敷地が、建築基準法で定める道路に2メートル以上接しなければならないとする義務をいう。

したがって都市計画区域内では建築基準法第43条の規定により、建築物の敷地は建築基準法で定める道路に2メートル以上接していなくては建物の新築及び再建築をすることができません。この様な基準を満たさない不動産を再建築不可物件といいます。

 

〇親から相続を受けた土地を売却しようとしたら再建築不可であった。

〇空家で遊んでる土地にアパートを建築しようと調べたら再建築不可であった。

〇昔に公簿取引で買った2m間口の敷地延長物件が、売却の為に測量をしたら2m間口の敷地延長部分に隣地の土地が入っていて間口が2mなかった。

〇譲り受けた実家が、車の行き来する前面道路4m道路で間口6mなので問題ないと思っていたら建築基準法上の道路扱いではない区有通路だった。

〇道路を調べたら水路(区管理道路)が入っていて、払下を受けないと再建築できない事が分かった。

             etc....

 

以上のように再建築不可物件であるとの認識は、いざ売却しようと調査をして初めて分かる事も多いのです。又、間口が2m未満でも避難通路の確保や隣地所有者との協定書等により43条但し書の許可による建築ができるケースもあるので、まずは専門業者に御相談を。

 

再建築不可物件の無料査定・買取りのご相談はアライヴ・コンサルティング()へお任せ下さい。

 

借家・老朽化アパート

【借家・老朽化アパート】


築年数が古く、建替えか売却で考えているが、いずれにしても賃借人の立退きがある。


賃滞納があって契約解除したいが、長く貸していて無下にできない。


建替えや売却は考えていないが、リノベーションでまったく違う収益物件(シェアハウスや高齢者向け賃貸等)に再生したい。                         


夜逃した賃借人の荷物の処分に困っている。


etc


 賃貸していると様々な問題が出てきます。

立退き・明渡し のご依頼から 建替え のご相談まで

 どんな問題でも、お気軽にご相談ください。


Powered by Flips
編 集